評判を確認

グラフを見せる男

人生で最大イベントともいわれる住宅の購入には、ローンを組む必要がある人がほとんどだといわれています。
住宅ローンは、各銀行でありますが種類も多く、金利が違ったり、借りる人の職業や収入によっても審査がかわります。
とくに、金利には総返済額にも大きな違いが生じるので、借りる側には重要なポイントとなってきます。
現在では、少子高齢化などやデフレの状況にくわえて、金融緩和により金利が上昇しにくい状態です。
借りに金利が上昇しても、大きく上がるとは考えにくいです。
これらの条件により、短期の借り入れの金利を扱う銀行をかしこく利用するのもひとつの方法です。
また、繰り上げ返済の際に、手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
この手数料もばかにならないので、金融機関を選ぶ際には、重要視します。

実際に住宅ローンを選ぶ際、どこの金融機関を使うべきか迷う人が多いのが現実です。実際に各金融機関に出向くと、各々にあったプランをシュミレーションしてくれます。
総返済額の表ももらえるので、一目瞭然となります。また、インターネットでは、いくつかの項目を入力すると、シュミレーションができ、諸費用を含めた総支払額を比較することが可能です。
組むときは、契約時に諸費用がかかるので、それを加味した上での検討が必要です。変動金利や固定金利、全期間固定金利があります。
それぞれ特徴があるので自分にあうものを探すことがポイントです。たとえば変動金利は、金利が変動するもので、金利が低いときに短期間で返済するのが得となります。
また、固定金利は金利が固定しているので、設定した期間金利の上昇による返済額の上昇の心配がありません。全期間固定期間は、借りる全期間、契約時の金利がかわらないので、金利は多少高くても、普通の固定金利よりより安心となります。
また、100万円以上の繰り上げ返済には、手数料が無料になるものもあります。